サポ構成でゼドラゴン(試練の門)と戦うときの注意点(動画あり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

試練の門

レベ上げにすごく助かる試練の門。最近では戦い方が確立してきたこともあって、サポのみで廻る人も多くなっていると思います。

(試練ボス)ゼドラゴン_2015-01-03

バージョンアップ( Ver. 2.4 前期)でレベルが 85 まで解放されたので、本職の魔法使いのレベ上げをしようとサポ構成(サポ戦82・サポ魔戦84・サポ僧80・魔80)で行ったのですが ・・・。

ゼドラゴンでふいに全滅

ビッグモーモンから順調にクリアしていき、ゼドラゴンたちとのバトルでも先にキラーマシン 2 体を倒してもうすぐ終わりだなと思っていたら、いきなり全員戦闘不能になって負けてしまいました。

(試練ボス)ゼドラゴン_2015-01-03

あまりに急な展開だったので、最初はなぜそうなったのかわかりませんでした。そしてバトルを見直してみると

ミサイル > マヒャデドス命中で怒り > ふみつけ

のコンボで全滅していました。ミサイルの前後で、サポ僧侶さんがベホマラーをしてくれているのにもかかわらずです。

これは実際にみた方が分かりやすいと思うので動画をアップします。

最近の AI はかなり賢くなっていて、ゼドラゴンミサイルのような特大ダメージを受ける範囲攻撃には、先読みをしているかのようにいいタイミングで全体回復をしてくれます。

しかし、これに安心しきっていたのがまずかったみたいです。

怒られている自分を中心にサポ僧侶は回復のため、サポ戦士は攻撃のため、サポ魔戦はしゅくふくの杖で回復とゼドラゴンの周辺に集まっていました

そこで受けてしまったゼドラゴン怒り状態のふみつけが、ベホマラーの回復値を上回って全員戦闘不能になってしまいました。

後衛職でゼドラゴンに怒られたときの対処方法

前衛職ならゼドラゴンのようなしゅび力が高い敵(約 600 )でもロストアタックを入れられますが、魔法使いや賢者などの物理こうげき力が強くない後衛職では失敗する可能が高いです。ですので、怒られたときは

他のサポキャラを巻き込まないように逃げ回る

のが最善だと思います。

2 戦目は怒られたらとにかく他のサポキャラのいないところに逃げていました。

逃げ回っているうちに、他のサポキャラがゼドラゴンロストアタックをかけてくれることもありましたし*、万が一戦闘不能になっても自分一人なので蘇生してもらえます。

また、ゼドラゴンを自分に引きつけることによって、サポキャラの体制の立て直しになることもあります。

ですので、怒られたときは “前向きな気持ち” で逃げることにしました (^0^;)

* サポのさくせんは “ばっちりがんばれ” です。ガンガンいこうぜの場合は未確認です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です