最近、武闘家がマイブームです(2)敵や状況に合わせてツメと扇を活用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

DQX_烈鋼拳

現在、武闘家で使っているメインの武器は棍ですが、少し前まではツメ+扇を半々くらいで使い分けていました。

単体の敵にはツメ、複数の敵には範囲攻撃ができる扇という感じです。

ツメの最大の魅力はライガークラッシュの爆発力

初期の頃は圧倒的な攻撃力を誇っていたタイガークローも、バージョンアップのたびに他の武器とのバランスをとるための調整が入って輝きが失われていきました。

もともとツメは単体の敵にしかダメージを与えられないという特性があるのですが、強力だったタイガークローのおかげで目立たなかったのかもしれません。

ツメをやめて棍+扇にしようかな?と思い始めていたときに、凄まじい威力のライガークラッシュが登場しました。

DQX_ライガークラッシュ

チャージタイムがあるとはいえ、スーパーハイテンションからのライガークラッシュの威力は凄まじいものがあり、特にフォースブレークが入った敵には絶大なダメージを与えることができます。

デバフだけでない!実は攻撃力も高いゴールドフィンガー

ゴールドフィンガーというと、敵のバイキルト魔力かくせいの解除などのいわゆるデバフに使うというイメージが強かったのですが、戦闘中の敵のダメージを見るとかなりの数値が出ています。

スーパーハイテンションからのダメージは、同じ条件のサイクロンアッパーよりも高いように見えました。

MP の消費が 12 と多めですが、スーパーハイテンション状態で、ライガークラッシュのチャージがたまっていない場合の代替技として使ってもいいと思います。

宝珠の効果でマシン系への強力な技となった烈鋼拳

この技、発動時に爪が輝き巨大化するというビジュアルが凄く好きだったのですが、与えるダメージはその派手さには到底及ばず、寂しい思いをしていました。

ところが、Ver. 3.0 で宝珠「烈鋼拳の極意」が登場してからビジュアルに引けを取らない強力な技に変貌しました。

宝珠レベル 5 で与えるダメージが +100% になり、この状態でマシン系の魔物と戦うと気持ちいいくらいのダメージが出ます。

今までは見た目の迫力だけだった烈鋼拳が、一撃一撃がとんでもなく重い攻撃になってキラーマジンガの体力を削っていきます。

まさに「鋼を切り裂く」といった特技になりました。

また、盗み役として盗賊で試練に参加しているときでも、盗んだ後はゼドラゴンキラーマシンにアタッカーとして大きなダメージを与えることができます。

何より、MP 消費が 1 で発動が早いのも大きな魅力です。

実は優秀なスキルポイント 7 で使える花ふぶき

棍のなぎはらいが Ver.2.2 で強化されるまで、武闘家で強力な範囲攻撃をするには扇が必要でした。

スーパーハイテンションからのピンクタイフーンや百花繚乱は、雑魚敵の一掃だけでなく、複数の敵に囲まれたピンチからの起死回生の一撃にもなります。

これらの強力な技に隠れて目立ちにくくなっている花ふぶきですが、実は複数の敵を幻惑状態にして、戦況を大きく有利な状態に導く非常に優秀な技なんです(つうこんの一撃を一発受けちゃってますがw)。

しかもスキルポイント 7 で使えます^^

以前はマヌーサスキャンダルに比べると成功率が高くないといった情報を見かけましたが、宝珠実装後は花ふぶきの成功率が他の 2 つを上回るといった検証結果も出ているようです( 3 つとも宝珠で強化した場合)。

また、短剣 150 スキルの状態異常発生率アップがある場合、踊り子で右手に扇、左手に短剣を装備していれば、このスキル効果が適用されるようなので、さらに成功率のアップが期待できそうです。

花ふぶきで幻惑を入れたあと、両手短剣に持ち替えるというのも有効な使い方かもしれません。

まとめ

こうして見ていくと、武闘家を楽しむために「棍」・「ツメ」・「扇」すべての武器スキルを極めたくなりますが ・・・ スキルポイントのやりくりが難しくなってきます。

もちろん武闘家を極めたい!と思えば、すべての武器にスキルポイントを 180 振るのもありですが、他職もバランスよく楽しみたいといった場合は

棍 180・ツメ 180・扇 7 以上振れるだけ

といった配分でも十分に楽しめると思います。

敵とバトル状況に応じて 3 つの武器を使い分け、いろいろな戦い方を探っていくのも武闘家のおもしろさの一つだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です